Home > 時事 > 借家人が行方不明

借家人が行方不明

  • Posted by: hoshioffice
  • 2012年3月23日 14:23
  • 時事

アパートの借主が何カ月も家賃を滞納したまま行方不明になった場合、貸主は部屋の

残置物を適当に処分して次の入居希望者に部屋を貸してもいいものでしょうか。

これは、自力救済の禁止といって、貸主であっても借主の意思を確認することなくその

所有物を処分したり、鍵を交換してしまうことはできません。

そのため、借主に家賃滞納等があっても法的手続きによらずに権利を実現しようとすると

後日、貸主が民事、刑事の責任を追及される可能性もあります。

今回の場合では、建物明渡の勝訴判決を得てから明渡しの強制執行手続きによること

になります。この訴訟では、明渡請求だけでなく未払い賃料の支払い請求も付加して

おくと強制執行の際、役立ちます。

あとは、念のために、強制執行前後の物件状況を写真に記録しておくことをお勧めします。

 

 

 

 

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.hoshi-office.com/mt/mt-tb.cgi/232
Listed below are links to weblogs that reference
借家人が行方不明 from 債務整理・過払い|渋谷駅1分の司法書士『星総合法務事務所』

Home > 時事 > 借家人が行方不明

Calendar
« 2012 3 »
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Links
Feeds
Tag Cloud

Return to page top