Home > 競売 > 競売手続中の不動産の任意売却

競売手続中の不動産の任意売却

  • Posted by: hoshioffice
  • 2011年3月17日 09:33
  • 競売

不動産の担保が実行されて競売手続きに入った後でも任意売却を行うことは可能です。

ただし、競売手続きは、裁判所のスケジュールに従って進められるため、任意売却によって

不動産を処分するためには、売却期日に買受申出人が決定される前に、競売を申し立てた

債権者によって申立てを取り下げる必要があります。

そのため、任意売却は、この申立て債権者による取り下げが可能な期間内に実行、つまり

当該不動産の抵当権者等に対して弁済がなされることが必要となります。

任意売却を実行する場合、一般的な取引の方法は、所有者と買主のほか、抵当権者等の

利害関係人も一堂に会して、買主が所有者に売買代金を支払い、所有者は抵当権者等に

売却代金から事前に同意を得ていた配分案に従った弁済をします。

抵当権者等は弁済と引き換えに(たとえ債権額に不足していても)抵当権等の抹消登記に

必要な書類を所有者に交付し、所有者はこの書類を買主に交付することになります。

司法書士は、このような決済の場に同席して、必要書類の確認と所有権移転や抵当権の

抹消等の登記手続きを代行するのですが、通常の決済と違い売主には、登記上の債権者

の他にも債権者が存在している可能性があるため、それらの債権者から差押え等をされる

懸念があります。

実際、決済当日に仮処分が入ったため、決済が延期になった経験があります。

任意売却は、登記が完了するまで本当に気が抜けません。

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.hoshi-office.com/mt/mt-tb.cgi/210
Listed below are links to weblogs that reference
競売手続中の不動産の任意売却 from 債務整理・過払い|渋谷駅1分の司法書士『星総合法務事務所』

Home > 競売 > 競売手続中の不動産の任意売却

Calendar
« 2011 3 »
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
Links
Feeds
Tag Cloud

Return to page top